うまずたゆまず

コツコツと

2022-05-05から1日間の記事一覧

端午の節句

5月5日は「端午の節句」、子供達の成長を願う日されています。 「外飾り」には「鯉のぼり」や「幟旗」(のぼりばた)を上げ、 「内飾り」としては「鎧兜」や「武者人形」を屋内に飾ります。 そして、「柏餅」や「粽」を頂き、「菖蒲湯」に浸かります。 「…

端午の節句をお祝いする食べ物

端午の節句の代表的な行事食と言えば、 「柏餅」(かしわもち)と「粽」(ちまき)が有名です。 主に関東では「柏餅」を、関西では「粽」を食べることが多いと 言われています。 「柏餅」や「粽」以外にも、 端午の節句の行事食は各地域で存在するようです。…

こどもの日

「こどもの日」は、 子供達皆んなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。 「こいのぼり」を揚げて、「五月人形」や「兜」(かぶと)を飾って、 「菖蒲湯」に入り、「粽」(ちまき)や「柏餅」を食べる日です。 昭和23(1948)年に「祝日法」によ…

五月忌み(さつきいみ)

日本では、「端午の節句」という行事が始まる以前から、 田植えの始まる前に、田の神を迎えるために、 田植えをする「早乙女」(さおとめ)と呼ばれる若い娘達が、 不浄を避け、小屋や神社に籠り、穢れを祓い清める払う 「五月忌み」という習慣がありました…

5月5日

令和4年(2022)5月 5[木・祝] 「端午の節句」(こどもの日) 干支 戊午 (つちのえうま) 九星 七赤金星(しちせききんせい) 旧暦 4/5 六曜 友引(ともびき) 引き分け勝負なし。祝い事吉。葬式等仏事に凶。 十二直 除(のぞく) [小吉日]百凶(障害…

二十四節気「立夏」

「立夏」とは、二十四節気の1つで、 昼と夜の長さが同じ日である「春分」と、 1年で最も昼の長い日である「夏至」の丁度中間に当たります。 暦の上では夏の始まり。 この日から立秋の前日までが夏季になります。 この頃は、晴天の日が多く、天候が安定して…