うまずたゆまず

コツコツと

2022-02-04から1日間の記事一覧

二十四節気「立春」

「立春」は、現代の日本では、国立天文台の観測によって、 「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」とされています。 令和4(2022)年の「立春」は2月4日になります。 「立春」とは、 「二十四節気」において春の始まりに当たります。 江戸時代に発行された…

「年内立春」「新年立春」「朔旦立春」とは?

「立春」と同様、「旧正月」も新しい年の始まりと言われます。 日にちが近いために混同されがちですが、 「立春」と「旧正月」は全くの別の物です。 「立春」は「太陽」の運行を元にした暦であるのに対し、 「旧正月」は「月」の満ち欠けに基づいた暦ですか…

「立春大吉」で厄払い⁈

立春の早朝、禅寺では、 入口に「立春大吉」 と書いた紙札を貼る習慣があります。 厄除けとして、家の鬼門にこの紙札を貼るご家庭もあります。 この文字は、縦書きすると左右対称になり、 一年間災難に遭わないというおまじないです。 「立春大吉」とは、 春…

春一番

「春一番」は、 冬から春へ季節が変わる時に初めて吹く、 立春を過ぎて最初に吹く、温かく強い南風のことを言います。 春の訪れるを告げてくれる風物詩です。 気象庁では「春一番」の定義を、 「立春」(2/4頃)から「春分」(3/21頃)までの間に、 日本海で…

2月4日

令和4年(2022)2月 4[金] 「立春」 干支 戊子 (つちのえね ) 九星 七赤金星(しちせききんせい) 旧暦 1/4 六曜 仏滅(ぶつめつ) 仏滅は「仏も滅するような最悪の日」という意味です。六曜の中では大凶日に当たり、何事も上手くいかないことから、結…

七十二候「東風解凍」

「はるかぜこおりをとく」 と読みます。 春の兆しとなる柔らかな風が東の方からが吹き、 冬間に張りつめた厚い氷を溶かし始める・・・ まさに春の訪れを表した候です。 「はるかぜ」と読んでいますが、 東の風と書いて「こち」と読み、 「東風」が吹くように…