うまずたゆまず

コツコツと

2022-01-11から1日間の記事一覧

鏡開き

お正月の間、歳神様(年神様)の居場所になっているのが「鏡餅」。 そのため、歳神様(年神様)がいらっしゃる「松の内」の間は飾っておき、 「松の内」を過ぎたら下げて食べ、歳神様(年神様)をお送りします。 「鏡開き」は、 「松の内」を1月7日までと…

酒樽の蓋を開く「鏡開き」

1月11日は「鏡開き」です。 一年の健康と発展を祝って、 供えた鏡餅を割って食べる 新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。 酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」と言います。 古くから、酒樽の上蓋は、 丸…

「初顔祝」(はつがおいわい)

「鏡開き」は、本来は1月20日だったそうです。 武家では語呂合わせで、 「刃柄祝」(はつかいわい)と言い、 具足に供えたお餅を食べたと言います。 女性もこの日は鏡台に供えたお餅を食べました。 こちらは「二十日を祝う」にかけて、 「初顔祝」(はつ…

1月11日

令和4年(2022)1月 11[火] 「鏡開き」 干支 甲子 (こうし) 九星 一白水星(いっぱくすいせい) 旧暦 12/9 六曜 友引(ともびき) 引き分け勝負なし。祝い事吉。葬式等仏事に凶。 十二直 閉(とづ) [凶日]開いていたのもが閉じる日 [吉]金銭の収…

初子(はつね)

「初子」(はつね)とは、 その年の初めての「子」(ね)の日のことを言います。 この日に大黒天を祀る社寺で行われる縁日のことを 「初子祭」(はつねさい)と言って、初詣の人々で賑わいます。 「大黒天」は福徳や財宝を与える福の神ですが、 「大黒」の「…