うまずたゆまず

コツコツと

2021-12-31から1日間の記事一覧

大晦日

一年の最後の日を 「大晦日」(おおみそか)または「大晦」(おおつごもり)と 言います。 「晦」(つごもり)とは、 「月が隠れる日」 すなわち「月隠」(つきごもり)が訛ったもので、 どちらも毎月の末日を指します。 そして12月末日の「晦日」は 「1年の…

年の湯

「年の湯」は大晦日の夜にお風呂に入ることです。 お風呂に浸かりながら、 この一年のことを振り返ってみたり、 この一年の垢や厄を洗い流してきれいサッパリすることで、 新年を気持ちよく迎えるという意味があります。 大晦日にキレイに厄を洗い流した体に…

除夜の鐘

12月31日の除夜(大晦日の夜)、 深夜0時を挟む時間帯に、 全国のお寺で鳴らされる百八つの鐘を 「除夜の鐘」と言います。 人には百八つの煩悩があると言われ、 その煩悩を祓うために、 除夜の鐘を撞く回数は108回とされています。 また、月の 12…

年越しそば

「年越しそば」には、 「今年の苦労や不運を切り捨てて、新しい年を迎える」という意味が 込められています。 蕎麦は元々、 「精進料理」として食べられていましたが、 貴族や武士、そして庶民へと広まり、 日本全国で食べられる様になりました。 そして、大…

12月31日

令和3年(2021)12月 31[金] 「大晦日」 年 の 湯 年越し蕎麦 除夜の鐘 www.youtube.com 干支 癸丑 (きちゅう) 九星 二黒土星(じこくどせい) 旧暦 11/28 六曜 友引(ともびき) 引き分け勝負なし。祝い事吉。葬式等仏事に凶。 十二直 除(のぞく) …

七十二候「雪下出麦」

「ゆきわたりてむぎのびる」と読みます。 降り積もった雪の下で、 秋に種を蒔いた麦の芽が顔を出す頃です。 「越年草」という別名がある「麦」は、 10月から11月頃に撒かれ、寒さにも負けず、霜や雪にも耐えて年を越し、 その後すくすくと育ち、6月頃、…