うまずたゆまず

コツコツと

2021-12-22から1日間の記事一覧

二十四節気「冬至」

令和3(2022)年の「冬至」は12月22日です。 「冬至」とは二十四節気の一つで、 北半球において最も昼が短い(=夜が長い)日のことです。 (反対に、南半球では最も昼の時間が長い日になります。) 「夏至」の日と比べると、 北海道の根室で約6時間半、 …

二十四節気「冬至」は「一陽来復の日」

旧暦では、「冬至」は太陽の力が復活する日です。 そのため、冬至は別名、 「一陽来復」(いちようらいふく)の日と言われています。 「一陽来復」とは、 「良くないことが続いた後、物事がようやく良い方向に向かう」 という意味です。 太陽を神と見なし、 …

冬の七草

「冬の七草」ってをご存知ですか? 寒さが厳しい冬には野山に草が生えないので、 植物の「冬の七草」を選べないため、 「冬の七草」はこれだ!というような 統一された見解はないようですが、 その代わり、 冬至に食べたら良いと言われているものや 冬野菜を…

12月22日

令和3年(2021)12月 22[水] 「冬至」 「一陽来復」 「柚子湯」 「冬の七草」 干支 甲辰 (こうしん) 九星 二黒土星(じこくどせい) 旧暦 11/19 六曜 大安 (たいあん、だいあん) 大安は「大いに安し」という意味で大吉日です。万事には吉。但し有頂…

七十二候「乃東生」

「なつかれくさしょうず」と読みます。 「乃東」(だいとう)とは、 「夏枯草」(かごそう、なつかれくさ)や 「靫草」(うつぼぐさ)の古名です。 「靫草」(うつぼぐさ)は、 冬の冬至の頃に芽を出し、 5月〜7月頃に紫色の花を咲かせ、 夏至の頃に花穂(か…