うまずたゆまず

コツコツと

2021-05-03から1日間の記事一覧

火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」で最後に生んだ火の神。 その火が原因で、伊邪那美命は亡くなってしまいます。 火を扱う業者からの崇敬が高く、 鍛冶業や焼き物業といった業者から高く崇敬されています。 また、火事を抑える役割として祀られることもあ…

鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命の神生みによって生まれた神で、 「鳥之石楠船神」(とりのいわくすふねのかみ)、 またの名を「天鳥船神」(あめのとりふねのかみ)と言います。 船の神・運輸の神・交通の神 神名 別名 ご利益(神徳) お祀りする神社 船の神・運輸…

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)

「鹿屋」は、薄や茅、菅など屋根葺きに用いられる草のことで、 草の生い茂る野の女神です。 山の神「大山津見神」とともに山野を司り、なだらかな山裾の野を治め、 4対8神ををお産みになりました。 野の神 灌漑用水の神 漬物の神 たばこの神 神名 別名 ご…

大山津見神(おおやまつみのかみ)

「山を司る神様」で、伊邪那岐・伊邪那美二神より誕生したとされています。 国土全体を山で覆われた我が国において、 大山津見神を守る神社が約3000社以上もあると言われています。 国土の約7割を占める山の支配者 多くの神々の父神 三島信仰 神名 ご利益(…

久久能智神(くくのちのかみ)

伊邪那岐・伊邪那美二神より生れた「木の神」です。 木の神 神名 ご利益(神徳) お祀りする神社 木の神 「久久」は「木々」という言葉の古代の発音をそのまま書いたもので、 植物である「木」のことを言います。 木は人に比べて圧倒的に長生きであり、 大地…

5月3日

令和3年(2021)5月 3 憲法記念日[祝・月] 干支 辛亥 (しんがい) 九星 九紫火星(きゅうしかせい) 旧暦 3/22 六曜 赤口(しゃっく、じゃっく、しゃっこう、じゃっこう、せきぐち) 祝い事は大凶で、火の元に気をつけろという意味もあります。万事控える事…