うまずたゆまず

コツコツと

2021-02-03から1日間の記事一覧

初午いなり・初午団子・しもつかれ

初午いなり 稲荷神社といえば「狐」。 狐といえば「油揚げ」が大好物。 という訳で、 初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを 奉納しました。 これが「いなり寿司」の始まりです。 「稲荷神社」も「いなり寿司」も親しみを込めて 「おいなりさ…

七十二候「東風解凍」

「はるかぜこおりをとく」と読みます。 春の兆しとなる柔らかな風が東の方からが吹き、 冬間に張りつめた厚い氷を溶かし始める・・・まさに春の訪れを表した候です。 「はるかぜ」と読んでいますが、東の風と書いて「こち」と読み、 「東風」が吹くようにな…

2月3日

令和3年(2021)2月 3[水] 今日は「立春」 干支 壬午 (じんご) 九星 一白水星(いっぱくすいせい) 旧暦 12/22 六曜 先負(せんぷ、せんぶ、せんまけ、さきまけ)先負は「先んずればすなわち負ける」です。勝負事や急用は避けて控えめに過ごすべき日で…

余寒見舞い

立春になると「寒」が明けますが、 2月の寒さは、 季節が春になってもまだ残る「余寒」(よかん)とされます。 「春寒」(はるさむ)や「春浅し」(はるあさし)とも言います。 同じ寒さでも、 「余寒」と言うと、 もうこの冷え込みも長くはないのだという…

「立春大吉」で厄払い⁈

立春の早朝、禅寺では、 入口に「立春大吉」 と書いた紙札を貼る習慣があります。 厄除けとして、家の鬼門にこの紙札を貼るご家庭もあります。 この文字は、縦書きすると左右対称になり、 一年間災難に遭わないというおまじないです。 「立春大吉」 とは、 …

二十四節気「立春」

旧暦では、この日が1年の始めとされていたため、 決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。 「八十八夜」、「二百十日」、「二百二十日」も 「立春」から数えます。 「冬至」と「春分」の真ん中で、 まだまだ寒いですのですが、 暦の上では旧冬と…