よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

2021-01-15から1日間の記事一覧

鳥追い(とりおい)

「鳥追い」は、 子供達が、 手に手に鳥追い棒と称する棒切れや杓子を持って 打ち鳴らし、 「朝鳥ほいほい、夕鳥ほいほい、 物を食う鳥は、頭割って塩つけて、 佐渡が島へ追うてやれ」 などの歌を歌いながら、田畑などを囃して回るお祭です。 秋の収穫時には…

小正月の習わし

「小正月」は「農の正月」とも言われ、 農耕に結び付いた様々な行事が古くから行われてきました。 主に「豊作祈願」「吉凶占い」「悪霊払い」の3つ。 前日の14日は 「十四日年越し」(じゅうよっかとしこし)をします。 団子を作ったり、飾りをしたり、 …

どんど焼き・左義長

「どんど焼き」とは、 「小正月」(1月15日)に全国的の神社や仏閣の「火祭」のことです。 門松、注連縄、破魔矢などの「正月飾り」や「書き初め」、 それに古いお札などをお焚き上げします。 その煙に乗って歳神様(年神様)が天上に帰ってゆくとされて…

藪入り(やぶいり)

昔は、「小正月」の1月15日と「お盆」の7月15日の翌日の16日は、 「藪入り」と言って、嫁入り先のお嫁さんや、奉公先の丁稚や女中が 実家に帰ることの出来る休みの日でした。 その「藪入り」は、「いきみたま」の慣習と関わりがあったと言います。 …

七十二候「雉始鳴」

「きじはじめてなく」と読みます。 雉のオスがメスを求めて鳴き始める頃となりました。 雉のメスは全体的に茶褐色をしていますが、 オスは濃い緑色の体で、長く美麗な羽を持っています。 そして早春の繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、 「ケーン、ケ…

1月15日

令和3年(2021)1月 15[金] 干支 癸亥 (きがい) 九星 一白水星(いっぱくすいせい) 旧暦 12/3 六曜 友引(ともびき)友引の日は朝晩は吉、正午は凶です。昼は凶となります。友引の日は「凶事に友を引く」の意味からお葬式を避けます。 十二直 開 (ひ…

小正月

古代Chinaから暦が入って来る以前、 日本では「満月の日」を「月の始まりの日」としていました。 そして旧暦の1月15日は立春後の望月(満月のこと)に当たり、 この日を「正月」としていた名残りで、 元日を「大正月」、1月15日を「小正月」と呼ぶよう…

トップに戻る