うまずたゆまず

コツコツと

2020-11-22から1日間の記事一覧

七十二候「虹蔵不見」

「にじかくれてみえず」と読みます。 「虹蔵不見」は、 冬の日差しが弱まって、虹が見られなくなる頃という意味です。 「虹蔵不見」の「蔵」には、 「物をしまっておく建物」という意味が転じて、 「隠して表に現わさない」、「潜む」という意味があります。…

二十四節気「小雪」

雨が雪に変わり始める頃です。 冬とは言え、まだ雪はさほど多くないという意味で、 冬の入口に当たります。 江戸時代に書かれた『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「冷ゆるがこ故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」 とあります。 「日が短くなり、空気が冷…