うまずたゆまず

コツコツと

2020-11-07から1日間の記事一覧

七十二候「山茶始開」

「つばきはじめてひらく」と読みます。 読みは 「つばき」ですが、 実際は、「山茶花」(さざんか)が咲き始める頃です。 昔から「山茶花」と「椿」はよく混同されてきたので、 「山茶始開」と書いて、 「つばきはじめてひらく」と読まれました。 冬枯れの景…

二十四節気「立冬」

立冬とは、冬の始まりのこと。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)によると 「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」。 冬の気配(気立ち)を感じ、いよいよ寒くなって行く時期です。 朝夕冷え込むようになり、日中の陽射しも弱まって来て、 …